福島 県 地震 速報。 気象庁|報道発表資料

<速報>福島県で震度6強 M7.1と推定 津波の心配なし

県 地震 速報 福島

視聴者は地理的な震度の分布、最も深刻だった場所はどの辺りなのかという大まかな動向を把握したいと思うものです。

15

福島沖地震のテレビ速報を検証する(上)〜東日本大震災から10年:何が変わり、何が変わっていないのか(奥村信幸)

県 地震 速報 福島

また、戸締りをしておきましょう。

4

地震・津波

県 地震 速報 福島

災害報道は通常の大きなニュースとは違った「ものさし」で情報を選択する必要があります。 この地震による津波はありませんでした。

17

福島沖地震のテレビ速報を検証する(上)〜東日本大震災から10年:何が変わり、何が変わっていないのか(奥村信幸)

県 地震 速報 福島

震度が弱かった地域に移動してしまうと地点の数が増えるため時間がかかり、最大震度で被害が心配される場所はどこだったのかという最重要な情報がぼやけてしまいます。 それでも、五月雨式に飛び込んでくる各地の震度や(それも次第に地域が細分化していく)震源の情報などを織り込みながら、進行に関わるデスクやディレクターらの助けを借りつつ、最も必要と思われる情報を選んで伝え続けなければなりません。 津波の心配をしなければない地域のことを考えると、テレビの前で一言一句を聞いているわけではなく、火の元の確認や家族の安全、家具が倒れたりしていないかなど、おそらく忙しく動き回っており、テレビからも断片的な音声をキャッチするとか、数分に1回、ほんの十数秒画面を見て新しい情報が入っていないか確認するような情報収集になるはずです。

9

気象庁|統合地図ページ

県 地震 速報 福島

福島県設置の震度計の多くは、市町村役場の敷地内に設置されています。

2

【人口削減計画】福島県沖でM7.3の地震 震源の深さ約60km 最大震度6強 ネットの反応 Update10

県 地震 速報 福島

巨大津波観測装置(気象庁設置) 県内2地点(相馬、小名浜) 検潮所で観測できない(スケールが振り切れるような)大きな津波も観測できます。 関係者のヒアリングなど一切していない段階で書くのは、いささか一方的かも知れません。

福島県・宮城県で震度6強の地震 津波被害の心配なし 震源は福島県沖M7.3(ウェザーニュース)

県 地震 速報 福島

やっと切り替えたのは同社のケーブルニュースチャンネルとニュースサイト「日テレNews24」で、しかも速報ニュースの途中、福島第一原子力発電所の生カメラの映像が表示されていました。 揺れの強かった地域では、家屋の倒壊や土砂災害などの危険性が高まっていますので、今後の地震活動や降雨の状況に十分注意し、やむを得ない事情が無い限り危険な場所に立ち入らないなど身の安全を図るよう心がけてください。 フジテレビの女性アナウンサー(名前は確認できませんでした)は高層マンションでの長周期振動、火の元の確認、エレベーターの閉じ込めなどの注意喚起を積極的に行っていました。

19