状況 を 鑑み て。 「鑑みる」の意味とは?誤用を避ける正しい使い方と類語を紹介

言い換えについてです。

を 鑑み て 状況

状況の状の字を使った別の言葉としては、実際の事情を意味する「情状」、いたましいありさまを意味する「惨状」、人や物の形やありさまを意味する「形状」などがあります。

【情勢】と【状況】の意味の違いと使い方の例文

を 鑑み て 状況

「~を鑑みて」ではなく「~に鑑みて」と使う 「鑑みて」という言葉を使う際には「これまでの社会情勢を鑑みて」のように、「~を鑑みて」と使う場面が少なからず見受けられます。

「を鑑み」か「に鑑み」か

を 鑑み て 状況

上で挙げた例でも、「諸般の事情に鑑みる」や「これまでの事例に鑑みると」のように、「鑑みる」の前は「に」となっています。 ご来場を楽しみにされていたみなさまには大変申し訳ありませんが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます」と述べられている。

1

【情勢】と【状況】の意味の違いと使い方の例文

を 鑑み て 状況

「が」、「も」、「こそ」……。

16

「鑑みて」とは?意味や使い方を解説

を 鑑み て 状況

続編が止まったのちも公式サイトはそのまま維持されたが、2013年2月をもって閉鎖された。 「鑑」という漢字の意味をご存知でしょうか? 「鑑」という字の意味は、基本的には「鏡」と同じです。 朝日のこの社説の筆者だって、半島に行けばそれきたかと同じ経験をするであろう。

5

【現状を鑑み】の例文集・使い方辞典

を 鑑み て 状況

「鑑みて」の例文2 「以前の失敗を『鑑みて』、次回はそうならないよう、対策を練りましょう」 先例を参考にするのは、成功体験だけではなく、失敗も同様です。

16