A ぇ グループ。 関東大学対抗戦 Aグループ:関東ラグビーフットボール協会

関東大学対抗戦 Aグループ:関東ラグビーフットボール協会

グループ a ぇ

Q5-9: 当社では、経過措置により継続雇用制度の対象者に係る基準を定めているとともに、継続雇用先をグループ会社にまで広げています。

11

関東大学対抗戦 Aグループ:関東ラグビーフットボール協会

グループ a ぇ

個々のケースにおいて、高年齢者雇用安定法の趣旨に合致しているか否かは、更新条件がいかなる内容であるかなど個別の事例に応じて具体的に判断されることとなります。 このため、継続雇用される男女の比率が同程度となるよう、継続雇用制度の対象者に係る基準を男女別に策定したいと考えていますが、問題はあるでしょうか。

7

高年齢者雇用安定法Q&A(高年齢者雇用確保措置関係)|厚生労働省

グループ a ぇ

Q4-10: 当社においては、男女労働者の間に事実上の格差が生じているため、経過措置による継続雇用制度の対象者に係る基準について、男女同じ基準を適用した場合、当該基準を満たす女性労働者はほとんどいなくなってしまいます。 また、経過措置期間中に、労使協定の期限が切れた場合、引き続き基準を利用するために、新たに労使協定を締結することはできないのですか。 A4-6: 過半数を代表する労働組合と労使協定を結ぶことを求めているのは、基準について労働者の過半数の団体意思を反映させるとともに、使用者による恣意的な対象者の限定を防ぐことにあります。

なにわ男子とAぇ!group、2グループが牽引する関西ジャニーズJr.の勢い

グループ a ぇ

8月8日に、約19年ぶりとなる東京ドーム単独コンサートをおこなうジャニーズJr. ただし、本人が希望し、解雇事由又は退職事由に該当しない者については、65歳まで継続雇用する。 〈瞬きが終わる頃 僕だけのキミでいてね〉〈そう星屑もとろけるほど 甘い運命感じて〉など、王子様のセリフのような歌詞が、爽やかなメロディに乗って歌われている。 [2]55歳以降の雇用形態を、65歳を上限とする1年更新の有期労働契約に変更し、55歳以降の労働条件を変更した上で、最大65歳まで働き続ける のいずれかを労働者本人の自由意思により選択するという制度を導入した場合、継続雇用制度を導入したということでよいのでしょうか。

4

なにわ男子とAぇ!group、2グループが牽引する関西ジャニーズJr.の勢い

グループ a ぇ

Q5-8: 継続雇用先をグループ会社にすることを考えていますが、当社の定める就業規則とグループ会社の定める就業規則とでは解雇事由に差異があり、グループ会社の定める解雇事由の方がより解雇事由が広いものとなっています。

12

なにわ男子とAぇ!group、2グループが牽引する関西ジャニーズJr.の勢い

グループ a ぇ

A4-9: 高年齢者雇用安定法の規定からは可能ですが、高年齢者が年齢にかかわりなく働き続けることのできる環境を整備するという高年齢者雇用安定法の趣旨にかんがみれば、職種や管理職か否かによって選別するのではなく、意欲と能力のある限り継続雇用されることが可能であるような基準が定められることが望ましいと考えていますので、各企業で基準を定める場合においても、高年齢者雇用安定法の趣旨を踏まえて、労使で十分話し合っていただき、できる限り多くの労働者が65歳まで働き続けることができるような仕組みを設けていただきたいと考えています。

6

アイエーグループ株式会社

グループ a ぇ

したがって、経過措置により継続雇用制度の対象者を限定する基準を定めることができるのは、改正高年齢者雇用安定法が施行されるまで(平成25年3月31日)に労使協定により継続雇用制度の対象者を限定する基準を定めていた事業主に限られます。 A5-7: グループ会社(特殊関係事業主)は、A5-1に示した範囲であれば、それがたとえ遠隔地にある会社であったとしても、そのことだけで高年齢者雇用確保措置義務違反になることはありません。 A2-2: 法改正により、継続雇用制度の対象者を限定できる仕組みが廃止されたことから、定年時に継続雇用しない特別な事由を設けている場合は、高年齢者雇用安定法違反となります。

14

高年齢者雇用安定法Q&A(高年齢者雇用確保措置関係)|厚生労働省

グループ a ぇ

[5]元の事業主の親法人等の関連法人等 のグループ会社です。 (2005~2017年)• [1]65歳を下回る上限年齢が設定されていないこと• A1-11: 高年齢者雇用安定法第9条は、主として期間の定めのない労働者に対する継続雇用制度の導入等を求めているため、有期労働契約のように、本来、年齢とは関係なく、一定の期間の経過により契約終了となるものは、別の問題であると考えられます。

14

グループA

グループ a ぇ

この場合において、特殊関係事業主が継続雇用する場合に提示する労働条件についても、高年齢者雇用安定法の趣旨に反するものであってはなりませんが、労働者の希望に合致した労働条件の提示までを求めているわけではありません。

3