妥当 類語。 「存じます」の意味と使い方、言い換え、謙譲語、「思います」との違い

「相応」の類義語や言い換え

類語 妥当

「適」は音読みだと「テキ」、訓読みだと「かなう」「たまたま」と読みます。 「穏当」には、 「道理にかなっていて、穏やかで無理がない事」という意味があります。 いい加減」という意味で使う場合は、「客を適当にあしらう」といったように使います。

6

妥当の類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

類語 妥当

「妥当」を使った四字熟語と使い方の例文 四字熟語「妥当普遍」は「全てに共通して当てはまること」 「妥当」の使い方の一つとして覚えておきたいのが「妥当普遍(だとうふへん)」です。 この装備品がしっかりと管理、整理されているか「装備品は適当か?」と上官が下官に尋ねることが多々ありました。 これは「程よい量の調味料を加える」という意味になります。

【妥当】と【適切】の意味の違いと使い方の例文

類語 妥当

適切の使い方 適切を使った分かりやすい例としては、「お酒のリスクや効用を知って適切な飲み方を心掛ける」「生活習慣病の予防には、適切な量と質の食事が鍵だ」「表現が適切かどうかチェックする」「水分の適切な摂取量と飲むタイミング」などがあります。 相応しい• その他にも、「災害時の対応が適切でないと非難された知事」「適切な服の量を知って断捨離をする」「子供の不適切なスマホ利用に注意」「不正行為ではないが適切さを欠く行動だった」などがあります。 「適切さに欠く」とは、その場にふさわしくないさまを表します。

14

「存じます」の意味と使い方、言い換え、謙譲語、「思います」との違い

類語 妥当

その場に応じて適当な処理が必要である。 「存ずる」は謙譲語、「ます」は丁寧語 「存じます」は、 「思う」「知る」の謙譲語「存ずる」+丁寧語「ます」で成り立っています。 普通に話すなら、「自分の考えに妥当性があるかどうか、相談にのってほしい」とでも言うべきでしょう。

9

妥当の類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

類語 妥当

まとめ 「適当」とは、「程よく当てはまる様」「ほどよいこと」という意味と「雑・いい加減」という意味の主に2通りの意味を持つ単語です。

19

妥当の類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

類語 妥当

よろしい• 妥当の例文 5.身寄りがない人や意思決定が困難な人のための、適切な意思決定支援に関する指針が示された。

6

【妥当】と【適切】の意味の違いと使い方の例文

類語 妥当

上記の例の「適切な応急処置」とは、ある症状に特化してふさわしい処置を表します。 状況や目的などにぴったりあてはまることや、その場や物事にふさわしいことを意味します。

妥当なの類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

類語 妥当

正しい をためにまたはをさま• 言い換え表現 「常にもっともな水量を保つのが我々の義務です」 「もっともな議論であるため、十分に時間をかけて話し合う必要があるでしょう」 「もっともだと考えられます」 「妥当」の意味を理解して正しく使おう 「妥当」という言葉の意味や使い方について、例文を挙げながらご紹介しました。

8