山梨 県 地震。 南アルプス市内で甚大な被害が想定される地震

山梨県東部・富士五湖を震源とする地震情報 (日付の新しい順)

県 地震 山梨

では、2018年の山梨県は10回で16位、震度3以上限定では0回で最下位です。 日数にすると平均1615日毎に地震が発生しています。

20

山梨県の地震情報 : 地震を知る統計サイト【揺れる日本列島】

県 地震 山梨

2,924• 山梨北杜市 震度2 山梨県• わたしたちの住む南アルプス市では、切迫性が指摘されている「東海地震」、「糸魚川-静岡構造線断層地震」をはじめ、市内に断層があり甚大な被害が予想される「釜無川断層地震」など多くの地震の発生が危惧されています。 81 カッコ内は停電契約口率(単位/パーセント)と断水世帯率(単位/パーセント) 2. 0km 震度3 山梨県• 代表的なのは揺れを抑える対策です。

5分でわかる山梨県で起きる地震発生の確率と被害予想について

県 地震 山梨

防災に関する様々な情報を閲覧できます。 発生日 震央地名 マグニチュード 震度 震度(岐阜県) 1941年7月15日 長野県北部 M6. 山梨県を揺らした過去の大きな地震 気象庁によると、統計1923年以来2018年までに 山梨県を襲った震度5以上の地震は「20回」です。 停電対策:バッテリーや蓄電器、簡易発電機などの準備• 東海地震による液状化危険度マップ 平成25年3月 平成23年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震では、首都圏においても液状化現象が発生し、住宅や道路、ライフライン等に大きな被害を及ぼしました。

2

気象庁

県 地震 山梨

地震活動等• 雪害による被害 山梨県は豪雪地帯の一つでもあり、平成26年には甚大な雪害被害を受けています。

5分でわかる山梨県で起きる地震発生の確率と被害予想について

県 地震 山梨

けれど、 「海溝型地震」については、過去の発生履歴を見てみるとおおよその可能性が割り出されます。 そこで、地震の発生によって著しい被害が予想される地域が、大規模地震対策特別措置法(昭和53年12月)により「地震防災対策強化地域」として指定され、数々の防災対策の強化が図られています。 一人ひとりが災害に対する正しい知識を身につけ、 「きちんと怖がる」ことが、災害と向き合う第一歩です。

5分でわかる山梨県で起きる地震発生の確率と被害予想について

県 地震 山梨

なお、この断層帯は地震調査研究推進本部地震調査委員会が全国の主要断層帯を調査した結果、2001年の調査報告時点で「最も地震発生の確率が高い断層帯である」と指摘しており、具体的には今後30年以内に地震が発生する確率が14パーセント、50年以内に23パーセント、100年以内に41パーセントとされております。

[山梨県]地震のまとめと地震予測

県 地震 山梨

(PDF 6MB) 【伊那谷断層帯】• 韮崎市• (参考)山梨県東海地震被害想定調査 平成15~17年度に実施した「山梨県東海地震被害想定調査」のうち、「地震動・液状化の想定」を記載した箇所(液状化の危険度の計算方法・評価の手法)は、を御覧ください。 被災棟数は、甲府市の20,000棟をはじめ、笛吹市、山梨市、塩山市、大月市、都留市、富士吉田市を中心に被害が想定されています。